交通事故の慰謝料について

金銭で損害を補償するのが慰謝料

交通事故の慰謝料というのは、事故で被害者が被った精神的苦痛に対して支払われる金銭の補償金のこととなります。
本来は被害者が考える金額を請求するのが筋ですが、多くの事故の事例から慰謝料については一般的な相場というものが形成されています。
事故後の示談交渉を行う場合には、この費用を含めた損害賠償額全体と算定していく必要があります。
これは個別の事案ごとに計算をしていくこととなります。

保険会社が提示するのは最低水準の金額

ちなみに加害者側の保険会社が主張してくるこの金額は、原則として自賠責保険基準や任意保険基準で計算した金額となります。
自賠責保険では1日あたり一律4,200円が支給されることになっており、それに治療期間を足して総額が算定されます。

慰謝料の計算方法

自賠責保険における治療期間には二つの計算方法があります。
ひとつは入院期間に通院期間を加算したもの。
もうひとつは実通院日数を二倍にしたもので、一般的にはこのうちの日数が少ないものが採用されることになっています。
したがって、こうした示談金に納得がいかない場合には、弁護士を立て示談交渉を行っていく必要が生じます。

弁護士が活躍する余地が出る

こうした交渉は交通事故に精通した弁護士をたてることが必須です。
知見と多くの経験をもった弁護士が代理交渉することにより、自賠責で設定されている金額の2倍以上の金額を請求して確保することができるのです。
交渉の方法とアプローチ法がきわめて重要になるのです。
こうした交渉は経験のない個人が行うのは極めて難しく、場数を踏んでいる専門家がサポートすることが希望額を獲得するためには必須の状況となっています。
実際保険会社が一方的に提示してくる額はかなり低くなるため、治療費をしっかり確保する意味でもこうした交渉が重要になります。