交通事故の物損事故について

交通事故には物損事故と人身事故がある

交通事故には様々な種類があります。
まず、物損事故と人身事故の二つに別けられます。
物損事故は人が負傷するといったことは生じないものの、車両や建築物、積載物が破損してしまうような事故のことをいいます。
一方、人身事故は運転者や同乗者が負傷したり歩行者などが負傷もしくは死亡する事故のことをいいます。
この物損事故では通常すべての運転者が加入している自賠責保険を使うことができません。
自賠責保険はあくまで自動車の運行によって人の生命または身体が害された場合だえに適用することになるのです。

物損事故対応のポイント

また物損事故では、被害者側が故意か過失かを立証しなければなりません。
自動車損害賠償保障法では物損事故を対象外としてるため、物損事故の被害者は事故が加害者の故意、過失により生じたものであることを証明しなくてはならないのです。
さらに物損事故の場合には通常被害者が事故により精神的苦痛を被った場合について損害賠償による慰謝料を請求することが認められますが、物損事故の場合にはこれが認められません。
物の価格の損害賠償が実施されれば原状回復とみなされて、賠償を終了することになりますので、慰謝料は一切認められないのです。

トラブルは自分で解決が基本になる

このように交通事故の中でも物損事故は独特のものがあり、相手と交渉して解決をはからなければならない部分も多く存在します。
またクルマや相手の動産等に対する賠償は通常任意保険で行うことになります。
したがって任意保険の加入内容によっても自分のクルマ、相手のクルマに対する補償の内容が異なってくることになりますので、注意が必要です。
補償金額の設定が一定を超えた場合には保険での補償が行われない部分も生じてくるため注意が必要となります。