交通事故の弁護士費用について

弁護士によって違う依頼料

交通事故の賠償問題で、弁護士を依頼した際にかかる弁護士費用としては、一般的には、依頼時の「着手金」と「報酬金」、交通費や切手代といった「実費」となりますが、これに着手するまでの相談料が発生する弁護士事務所もあります。
しかし最近では、被害者の負担を考慮して、相談無料、着手金0円、初期費用0円といったところも少なくありません。
交通事故の被害者は、事故によるけがで身体的に大変つらい思いをされています。
事故により、仕事に支障をきたしたり、治療費・通院費などの出費によって、経済的な負担を強いられている方も少なくありません。
また、弁護士に依頼するのには、高いお金がかかるから依頼しにくいと考える方も多いのが現状です。

自動車保険の弁護士特約が活躍します

加入されている自動車保険に「弁護士特約」が付帯されている場合には、弁護士費用が限度額まで、保険で支払われます。
一般的には、限度額は300万円となっている場合が多いようです。
ほとんどのケースでは、この限度額の範囲以内で弁護士の費用はまかなえます。
また、ご自身が弁護士費用特約に加入されていない場合でも、同居されている家族が加入されている場合には、弁護士の費用特約を利用することができる場合もあります。

まずは保険会社に連絡しましょう

ただし弁護士に依頼する前に、ご自身やご家族の保険証券を確認するか、あるいは保険会社に問い合わせされることをおすすめします。
保険会社もなるべく支払いを少なく済ませたいものなので、その相手とどのポイントでどの交渉をするのかということは、非常に大切です。
後遺障害等級の獲得のは、ややこしい手続きが必要となるため、弁護士に依頼することによって、スムーズに手続きがすすみ、保険金を増額することが可能となります。
正当な後遺障害額を受け取るためにも、弁護士に依頼されることは有益です。